紅茶の香り〜紅茶専門店・喫茶店・カフェ探索〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国茶専門カフェ「リリーの薔薇園」さんの巻(東京都台東区蔵前)

<<   作成日時 : 2018/06/21 16:14   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今回は、中国茶専門カフェ「リリーの薔薇園」さんをウォッチ


お店の方に話を伺ったところ、近く(100mほど離れたところ)で4年ほど前からお店をやってきたが、喫茶をするために昨年7月に蔵前(今の店舗)に移ってきたとのことです




偶然見つけたお店なのですが、蔵前を自転車で走っていると、雑貨店のような佇まいで「中国茶・ハーブティー」の文字が目に飛び込んできました
東京都台東区蔵前の中国茶専門カフェ「リリーの薔薇園」





「リリーの薔薇園という名前からして、カフェじゃないでしょ」と思っていたのですが…ある日「烏龍茶テイクアウト」の看板が出たのです
東京都台東区蔵前の中国茶専門カフェ「リリーの薔薇園」





よく見てみると、「オレの鉄観音」「わたしの鉄観音」280円
東京都台東区蔵前の中国茶専門カフェ「リリーの薔薇園」

私が推理するところによると…

オレの鉄観音→ミルクティーになった鉄観音
わたしの鉄観音→普通の鉄観音



まあ、確認してないので真実は知りませんがね



とりあえず、気になったので寄ることにしました




入り口付近は雑貨&お茶グッズ&お茶の購買コーナー
東京都台東区蔵前の中国茶専門カフェ「リリーの薔薇園」

お茶グッズは手頃な値段なので、これから中国茶を始めたい方におすすめかも




こっちはお茶
東京都台東区蔵前の中国茶専門カフェ「リリーの薔薇園」





カラフルなパッケージが多いので、ちょっとした贈り物にも良さそう
東京都台東区蔵前の中国茶専門カフェ「リリーの薔薇園」





安価なものもあるので、ポプリ作りなんかにも流用できそうです
東京都台東区蔵前の中国茶専門カフェ「リリーの薔薇園」







お店の奥はカフェコーナーになっています
東京都台東区蔵前の中国茶専門カフェ「リリーの薔薇園」

観光案内なんかも多く置かれています




席に着くと、ウェルカムティー(雲南紅茶)が提供されます
東京都台東区蔵前の中国茶専門カフェ「リリーの薔薇園」

雲南紅茶はやわらかく、甘い風味が特徴

クセが少なく、万人受けするお茶の代表だと思います




メニューは以下の通り

●中国茶(お菓子つき)
  ・リリーのプーアル茶
  ・雲南紅茶
  ・天龍紅茶
  ・鉄観音
  ・中国花茶

●ハーブティー(お菓子つき)
  ・リラックスレモンバーベナ
  ・ルイボス&エキナセアブレンド




お菓子は主にケーキで、注文を受けたら洋菓子店に電話を掛けて買いに行くシステム



ふむふむ…実にムダがない




私「プーアル茶とデリス(バニラムースと季節のフルーツ)をください




…ぷるるる…




お店の方「もしもし…はい…」









お店の方「デリスは売り切れになってしまっているようでして…」




私「そったら、ショートケーキさもらうべ






待ち時間にお店の中を物色
東京都台東区蔵前の中国茶専門カフェ「リリーの薔薇園」

どうやら、中国茶を身近に感じて欲しいとのこと…


「それは難しいさ」と思う今日この頃…


一般的に紅茶も緑茶も産地の名前で呼ばれることが多く、「この地域のは渋い」だの「ここのは香りがよい」とわかりやすい


日本の地名だったり、外国だとカタカナだったりで、とりあえず読めるし、覚えやすい


紅茶初心者だったら、「ダージリン(緑茶に似た渋み、香り高い)」「ウバ(メンソール様の香りが独特、たまに超渋い紅茶が出てくる)」「それ以外(アッサム、ニルギリ、ディンブラ、キャンディは無難で大衆向けだと思う)」の認識で問題ないと思う


季節の違いは製法の違いにもつながるけど、ダージリンファーストフラッシュ(緑茶のようであり、アイスティーにも使いやすい)くらい覚えておけば、トラブルは少ない


まれに、ラプサンスーチョンを扱うお店もあるが、大抵、店員さんから「好みが分かれる危険物」のアナウンスがある




一方で、中国茶は正直…あんまりわからないです


名称に製法が含まれることがあり、「青茶はこんな味」だの「黄茶はこんな香り」だのと説明がしにくいのです


「六大茶」と言われても、難しいよね









おっと、お茶の準備ができたようです
東京都台東区蔵前の中国茶専門カフェ「リリーの薔薇園」中国茶





お店の方「今回のお茶はこのようなものを使います」と見せてくれます
東京都台東区蔵前の中国茶専門カフェ「リリーの薔薇園」プーアル茶の茶葉

高級フランス料理店で、「コレカラ、コチラノ鴨ヲ調理シマス。オレノ作ッタおれんじそーすウマイゾ。オトナシクマッテロヨ」ってところでしょうか


全体的に紅茶よりも黒い茶葉ですが、ところどころチップのようなものが混ざっています


なお、プーアル茶は後発酵茶なので、菌類の発酵を経て完成しますが、茶葉そのものの形状を残した「散茶」と発酵前に押し固めた「緊圧茶」というものがあり、これは前者の「散茶」に当たります


一応、お茶に関連することなので、この程度の知識まではあるのですが…ここから先は全くの門外漢であります




まずは、茶器をお湯で温めて…
東京都台東区蔵前の中国茶専門カフェ「リリーの薔薇園」プーアル茶




ごそごそ…
東京都台東区蔵前の中国茶専門カフェ「リリーの薔薇園」プーアル茶





ごそごそ…
東京都台東区蔵前の中国茶専門カフェ「リリーの薔薇園」プーアル茶





ごそごそ…
東京都台東区蔵前の中国茶専門カフェ「リリーの薔薇園」プーアル茶





はい、完成
東京都台東区蔵前の中国茶専門カフェ「リリーの薔薇園」プーアル茶





では、いただきます
東京都台東区蔵前の中国茶専門カフェ「リリーの薔薇園」プーアル茶

甘く、岩のりのような塩味が混ざったような複雑な風味です


ソフトな感じなので、誰でも飲みやすいタイプなのかな


とりあえず、私は好き




お茶は二煎目からは自分で淹れることもできるし、店員さんにお願いもできるそうです


まぁ、やっていただけるなら頼んだ方が楽だよね




一杯飲み終えた辺りで、ショートケーキ登場
東京都台東区蔵前の中国茶専門カフェ「リリーの薔薇園」プーアル茶とショートケーキ

至って普通の美味しいショートケーキでした
(ショートケーキの感想って難しいよね)




ケーキを食べ終えると、お茶菓子に干しナツメと干し杏
東京都台東区蔵前の中国茶専門カフェ「リリーの薔薇園」干しナツメと杏の種

「両方とも種が入っていますが、杏の種は食べることができます」とのこと…


ナツメは外がカラカラで、柿っぽい味がします




杏の種を食べてみると…
東京都台東区蔵前の中国茶専門カフェ「リリーの薔薇園」干しナツメと杏の種

全然堅くなく、すっと歯が入り…うっすいアーモンドの味がしました









最後に、これだけは伝えておきたい


このお店で一番驚きだったのは、トイレの電気


人感センサーつきなのだが電気が消えるのが早い(わずか12秒)ので、用を足しながらもお尻を拭きながらも絶えず動いてないと消えちゃうよ









浅草や日本橋で中国茶専門店は珍しいので、需要はあるのかと思います




ごちそうさまでした




■■中国茶専門カフェ「リリーの薔薇園」さんの詳細■■
◎所在地
 東京都台東区蔵前3-1-11

◎アクセス
 ・都営大江戸線・都営浅草線「蔵前駅」A3出口からすぐ
◎営業時間
 10:00〜18:00
◎定休日
 日曜・祝日

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国茶専門カフェ「リリーの薔薇園」さんの巻(東京都台東区蔵前) 紅茶の香り〜紅茶専門店・喫茶店・カフェ探索〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる